「トランプ大統領がエルサレムをイスラエル首都と認定」のニュースで英語を独学。

「トランプ大統領がエルサレムをイスラエル首都と認定」のニュースで英語を独学。

 

トランプ政権が

エルサレムをイスラエル首都と認定した話が

本日のトップニュースに出ています。

 

珍しく堅苦しいですが、

英語を知るということは世界を知ることなので

お勉強を兼ねてご紹介します。

 

まずは日本語でニュースを知る

 

NHKさんの分かりやすい日本語にて

ニュースを知ります。

 

米トランプ政権 エルサレムをイスラエルの首都と認定へ(NHKニュース)

 

動画つきで簡潔にまとまっていて

たいへんありがたいですね。

 

あまり急に理解しようとしても

分かるようなもんでもありません。

 

という私も、分かってないからこそ

いつもこの問題がニュースになると

「だから結局どうなってんだっけ・・・」と

読んでいる気がします。

 

ヤフーニュースはちょっと長いですが

こちらもとてもオモシロかったです。

 

「米国大使館のエルサレム移転」がふりまく火種:トランプ流「一人マッチポンプ」のゆくえ (Yahoo!ニュース)

 

エルサレムとは?

エルサレムというのは

中東にある土地の名前ですが、

歴史上、アブラハムの宗教(キリスト教・ユダヤ教・イスラム教)

すべてにとっての聖地なのだそうです。

 

Wikipediaにもあるほど

ながーーーい歴史の中で、いろんなことが起きて

そうなっているようです。

 

だからこの地のまわりには

色んな宗教の人たちが住んでいるのですね。

 

そして、この地を取り合って

長く争いを続けてきています。

 

そういう歴史の中で、あるときから

イスラエルが勝手にエルサレムを首都と

宣言するようになりましたが、

世界はこれを認めていません。

 

パレスチナは今は自治区ですが、

国家を立てるときにはエルサレムを首都に

したいと考えています。

 

そういう地が、エルサレムです。

 

ちなみに、

このイスラエルとパレスチナについては

パレスチナ問題といって、

この地をどの国の支配下にするかを世界中が争っている

ややこしくて長い歴史があります。

 

ここを詳しく知りたい方は、

WikipediaNaverまとめにて

お勉強してください。

 

そして私にも、教えてください!笑

 

トランプ大統領は何を認定したのか?何が問題なのか?

トランプ大統領は、

世界もパレスチナも認めてない

イスラエルの勝手な宣言である

「首都としてのエルサレム」を認めると

発言したわけです。

 

アメリカは前から

イスラエル保護派だったし

トランプ大統領は大統領選でこのことを

公言していたので、

本当に突発的に出てきたわけでは

ありません。

 

そして、

アメリカが認めたからといって、

そう決まるわけではありません。

 

ですが、そもそも

宗教や人種の問題なので、

どちらが正しい、間違っているという

結論というものは存在しません。

 

だからこそ、

こんなに長い間、対立が続いているし、

解決は非常に難しいわけです。

 

そういう中で、

色んな交渉や話し合い、

そして度重なる戦争を経て、

現在はなんとか休戦して

均衡を保っているところです。

 

そんな状況を打破しての

トランプ大統領の発言は、もちろんのこと

争いの火種になるわけです。

 

事実、こうやって

世界中でニュースになっています。

 

トランプ大統領としては、

この膠着状態を破ることこそが狙いであって、

自分の行動力や影響力を

アメリカ内外に誇示したいわけです。

 

こんなことをしたら、当然、

イスラエルと実際にエルサレムを取り合っている

パレスチナは、怒ります。

 

いやいや、私たちの首都にするんだから!

勝手に認定してくれるな!

っていうことですね。

 

そして、政治がらみで

パレスチナ側を支援している国の人たちも

きっと気分がよくない。

 

もし、アメリカやトランプ政権に対して、

別のことで良く思ってない国があったとしたら、

これを機会にアメリカとの対立を強めて

争いを起こす可能性だってあるわけです。

 

あぁーほんとやめてほしい。。。

 

どこの国がどんな見解なのか、

私もあまり詳しくないので

今後のニュースで知っていきたい所存です。

 

たまにはこんな小難しい世界情勢で英語を独学

 

さて。

忘れかけていましたが、

英語学習している途中でした。笑

 

宗教との関わり方

宗教の問題は、

とくに日本人にとっては縁遠いので

まるっと理解したり、

ハッキリと意見を持つのは難しいと思います。

 

だから、それはそれで良いと思います。

 

私には分からない問題だけど、

とにかく、平和を願っています。

 

多くの人たちが平穏に暮らせることを

祈っています。

 

万が一、そういうことを聞かれたら

私なら、そう答えたいです。

 

宗教というのは、

あくまで個人の信仰なので、

たとえばビジネスの場などでも友人でも

立ち入らないのがマナーです。

 

だから、世界でグローバルにやっていくには、

まず色んな宗教に、理解を示す。

 

少しでも、できる範囲で、知っておく。

 

でも、決して立ち入らない。

 

違いを理解して

多様な人種とともに生きるというのは

そういうことじゃないかなと思います。

 

おすすめのニュース英語学習法①:ウェブサイト

さて、今回のように

ウェブメディアのニュースを使って

英語を学ぶパターンは2通りあります。

 

①欧米のニュースサイトを読む方法と、

②日本のニュースサイトを読む方法です。

 

簡単ではありますが、順番に見ていきましょう。

 

①欧米のニュースサイトを読む方法

英語圏のニュースメディアを読み、

別途、関連記事を日本語で読みます。

1. 気になるタイトルをチェック
2. 本文を読む
3. 同じニュースの日本語記事を検索して読む
4. もう一回、本文を読む

 

CNNやBBCなどでやります。

今回はアメリカのニュースということもあり

CNNで大きく取り扱っています。

White House: Jerusalem embassy move a ‘recognition of reality’ (CNN.com)

 

②日本のニュースサイトを読む方法

こちらは、日本語と英語の

両方のサイトを使います。

1. まず日本語で気になるタイトルをチェック
2. 英語で同じタイトルの記事を読む
3. 日本語で読む
4. もう一回、英語で読む

 

NHKやYomiuri、日経新聞には

日英が対になっているニュースが存在しますので

それを使っていきます。

 

ほとんどの場合、

英語のほうは短くて要点だけになっていますので

英語で要点を知り、日本語で理解し、

最後に英語を読み直してキーワードをインプットする

というのがおすすめです。

 

どちらも英語→日本語→英語としていますが、

難易度によっては日本語が先でもいいですし、

ワンパラグラフだけでもいいと思います。

 

このやり方は、

あくまで私のオススメ方法なので、

ぜひ、ご自分に合ったやり方にカスタマイズして

試してみてくださいね。

 

とにかく、ただ英語で読んでも

内容が理解できなければ意味がありません。

 

ですが、内容を理解するために、

分からない単語をすべて辞書で調べるのも

時間がかかってしまいますよね。

 

日本語でしっかり内容を理解し、

英単語の意味を推測しながら読むほうが

時間効率もいいです。

 

英語を独学でマスターするうえで

絶対的なインプットの量を増やすことは

とても大切です。

 

少しでもたくさんの英語に、

楽しみながら触れられる工夫を

どんどんしていきましょう!

 

おすすめのニュース英語学習法②:ポッドキャスト

はい遂にきました!笑

 

ポッドキャストの話は

前々からお伝えしたいなと思っていました。

 

手軽に、無料で、

いいネタがたくさんありますので

スキマ時間などに

活用してください。

 

私のおすすめは

スクリプトがあるCNN 10です。

 

CNN 10: News Explained in 10 munites

 

デイリー更新ですし、

ひとつのテーマを掘り下げつつ

時間は10分と短く、

英語もクリアで聞きやすいです。

 

リンク先にスクリプトがあって、

そこに動画もあります。

 

サイトで直接見ることもできますし、

iTunesのPodcastsに配信登録することもできます。

 

配信登録しておいて、

気になるテーマのときだけ見るのが

おすすめの活用方法です。

 

ムリして毎日やろうとせず、

「英語だろうと日本語だろうと興味あるな」

と思えるテーマのときだけ、

活用してみてくださいね。

 

ところで、ポッドキャストには

ニュースのみならず、楽しい英語教材が

たくさんあります。

※というよりニュース以外のほうが楽しい。完全に

 

別途、おすすめポッドキャストを

ご紹介できればと思いますので、お楽しみに。

 

まとめ:興味のあるニュースを選ぼう

初めてのニュース英語学習、

いかがでしたでしょうか。

 

初めてにしては、完全に、

話題が難しすぎましたね。笑

 

でも、繰り返しになりますが、

英語を知ることは、世界を知ることでもあります。

 

これを機に、皆さんの頭の片隅に

「世界ではこういうことが起こっているんだ」と

少しでも残ればいいなと思います。

 

ただし、

皆さんがニュースを読む場合、

ご自身が心から気になるものをチェックするよう

心がけてくださいね。

 

私が取り上げていたから

このネタが重要ということではありません。

 

これはあくまで、私が提示する

サンプルでしか過ぎません。

 

興味のあるものは人それぞれ違います。

 

自分が興味があるものでなければ、

理解したいモチベーションも上がりません。

 

私がパレスチナ問題に興味があるのは

戦争反対派だからです。

 

争いが続いている場所として

自分の中で、チェックすべき存在です。

 

専門家でも詳しいわけでもなく、

議論したいわけでもありません。

 

ただ、これ以上、

争わないでほしいと思うので、

争いが起こりそうになると

気になってしまうのです。

 

今回も、

トランプ氏がキャンペーンの公言を

守るための動きと言われていますよね。

 

だから、そんな保身のために、

また世界が争いを起こさないよう

ひたすら祈るのみです。

 

アメリカ、大好きなんですけど、

戦争と銃の問題に直面したときだけは

イヤになります。笑

 

ということで。

 

皆さんも、たまには、

マジメなフリしてニュースで英語学習

やってみてくださいね!笑