海外ドラマで英語学習は無理?続かない理由と解決法。

海外ドラマで英語学習は無理?続かない理由と解決法。

海外ドラマや映画で英語を勉強してみたいと思う人は多いと思います。

ドラマは娯楽=エンターテイメントですから、楽しむために作られています。

そういったエンターテイメント素材で楽しみながら英語まで独学できたら最高ですよね。

ところが、いざ日本語字幕を消したり英語字幕を出したりしと本気で学習しようとすると、想像していたよりずっと難しく感じて、すぐにやめてしまう人も多いハズ。

そうやって「ドラマから英語を学ぶのは無理」と決めつけてしまうんですね。

 

ドラマでの英語学習が続かないことには、大きくわけて次の5つの理由があります。

・海外ドラマ英語学習が、夢や目的に合っていない。
・学習に向いているという理由で、見たくもない海外ドラマや映画を見ている。(あるいはその逆)
・海外ドラマや映画を楽しむことを忘れ、学習効果ばかり気にしている。
・1つのエピソードに対する英語学習量が多すぎる。
・学び方のポイントが大幅にズレている。

順番に見ていきます。

海外ドラマ英語学習が、夢や目的に合っていない。

海外ドラマ英語学習で望んだ結果が得られないような状況にいる人が、海外ドラマを使って英語を独学しようとしているというパターン。

 

海外ドラマでの英語学習で学べる英語は、おもに日常会話です。

あるいは特定の職業における英語表現や、人間の生き方、社会的なトピックについての表現です。

 

そしてその学び方とは「さて今から勉強するぞ」と1時間みっちり学ぶようなものでなく、エンターテイメントとしてドラマを楽しむ中で、心に残ったことと関連づけながら自然と定着をうながしていくような学習になります。

ですから、短期的に試験で結果を出したい、集中的にミッチリと英語の勉強をしたいなどという目的の方には不向きな学習方法と言えます。

 

ただし、そうやって試験勉強などをしている方でも娯楽として海外ドラマを楽しむことはありますよね。

そして、楽しく見ている海外ドラマを、やっぱり学習素材として活用したいと思ったりしますよね。

そういう場合はぜひ、海外ドラマをサブ教材として使ってください。

 

使い方はカンタンです。

日本語字幕を出したまま、耳をすまして見るだけ。

日本語で意味を確かめながらも、しっかり英語を聞いていくという作業です。

 

そうすると学習しているという感覚がなくとも、必ず「へぇ、○○ってこんな意味で使うんだ」「あれ、今の文法ってどうなってる?」などという「気づき」があります。

そういった「気づき」についてだけ調べたりノートに控えたりしていきます。

 

理想はそれを折に触れて見返して復習できると定着率はよくなりますが、サブ教材として使う場合はやる気のあるときだけにしておきます。

それでも海外ドラマの場合は同じキャスト、同じシチュエーションがたくさん起きるわけですから、ただ見続けているだけでも反復できる可能性は高いです。

あまり心配せず、とにかく楽しく見ることに集中しつつ、最低限の「気づき」を心に留めていきましょう。

試験対策、留学/出張準備など期限のある英語学習者は、海外ドラマをサブ教材とする。

学習に向いているという理由で見たくもない海外ドラマや映画を見ている。(あるいはその逆)

海外ドラマを見ながら楽しく英語を勉強したいと思ったけど、どうせなら英語をきちんと学びたくなり、サイトや本で出会ったおすすめのドラマを見てしまうというパターン。

これはもしかしたら、一番よくあるパターンかもしれません。

 

そのドラマの内容にはあまり興味はないけれど、勉強になるというのでとりあえず見続けて、ポイントを確認する。

これ、何をやっているか分かりますか。

 

「英語の勉強」です。

「海外ドラマを見ながら英語を独学する」のではなく「英語の勉強のために海外ドラマを見る」になってしまっているのです。

そして入り口が「英語の勉強」になってしまうと、参考書や問題集を解いているのと同じことになってしまいます。

 

本来「学習に向いているドラマ」というのは、私はないと思っています。

あまりに会話が少ないドラマなど「向いていないドラマ」はあるていど定義できると思いますが、学習に向いているかどうかはその人が「向いている」と思えるかどうかで決まります

そしてそう思える基準とは、そのドラマに夢中になれるかどうかになります。

 

私はグレイズ・アナトミーやスーツ、グッド・ワイフなどのドラマに夢中になりました。

(実際はもっともっとたくさんありますが。)

 

それらのドラマを見ていると英語の勉強になろうとなかろうと楽しいし、実際に何度もファーストシーズンから繰り返し見て楽しんでいます。

私からの「おすすめ海外ドラマ」は、私が興味を持って見たものからしかご紹介できませんが、だからといってそれが「英語学習全員に最適な海外ドラマ」ということではありません。

 

ドラマで英語学習をするには、自分の人生や生活とそのドラマに共通点がなければなりません。

私の例でいうと、グレイズ・アナトミーは、社会に出たばかりだった自分の不安や葛藤がキャストの環境や心情と重なりました。

グッド・ワイフは女性としての生き方の選択肢をたくさん考えさせられる物語でした。

スーツは大好きなエンタメ要素がたっぷりなうえに、真似したくなるような華やかなファッションやオシャレでスタイリッシュな雰囲気に憧れました。

 

そしてこれらのドラマを英語学習に選んだ理由は「このドラマが好きだったから」であり「英語学習に向いていたから」ではありません。

あなたが英語学習をしていくドラマを選ぶときにも、ぜひこの点に注意して「めちゃオモロイ!」と心から思えるドラマを選びましょう。

 

学習に向いていると誰かが言っていたドラマより「このドラマをずっと見ていたい」と思えるような大好きなドラマを使って英語を独学する。

 

さて、見出しにカッコ書きした「あるいはその逆」についてお話します。

これは英語学習にまったく向いていないドラマで学習しようとしているということです。

当たり前ですが、会話するシーンがほとんどなくゾンビばかりが出てくるドラマなどでは学べることは少なくなります。

 

ゾンビが悪いということではありません。

どんなジャンルのドラマでも、しっかり人間模様が描かれていれば学び方次第で活用はできます。

 

ですから作品名などでは敢えて限定はしませんが、「英語学習に向いていないドラマ」というのは存在します。

あなたの見ているドラマが「学習に向いていないドラマではないか?」には注意してください。

以下3点ぐらいでチェックしてみてください。

・会話が少なくアクションばかりである(ただ娯楽性ばかり追い求めているメッセージ性のないドラマ)
・刺激的で好奇心がわくが、見ていたら不快な気分になるドラマ
・自己投影がまったくできないドラマ(SFなど)

 

自分の興味があるドラマが「英語学習に不向きなドラマ」でないかチェックする。

海外ドラマや映画を楽しむことを忘れ学習効果ばかり気にしている。

大好きなドラマを見ていても「今日はこれを勉強した」とか「前回勉強したこれを忘れてしまった」とか学習の進捗ばかりを気にしてしまうパターン。

 

せっかく学習しているのですから効果が気になることは理解できます。

ですが、効果を気にしたところで、効果がアップするわけではありません。

 

一時的には悪いことばかりでもないのですが、これだけみっちりインプットされる環境にいると、だんだん「まだこんなに分からないことがある」と足りない部分にフォーカスするようになり、学習に嫌気がさします。

 

「ドラマを見て楽しむ」という大前提を忘れないようにしておけば、自分が好きで見始めたドラマですから飽きることはありません。

ですので、とにかくこの「楽しい」という感覚を自分から奪わないよう気をつけましょう。

 

例を挙げます。

たとえばエピソードごとに5つの分からない単語や表現を調べてメモをすると決めたとします。

うまいことバランスよく5つ見つかることもありますが、ドラマに夢中になって、3つしかメモしていないうちにエピソードが終わってしまったとします。

 

このとき「あぁ今日は5つメモできなかった・・・」と思うのではなく「ドラマ面白かったから3つでもいいか。また次回は5つできるようにしてみよう」と思いましょう。

 

英語を独学でマスターするには、学習を継続できることがもっとも大切です。

 

どんなことでも、のめり込みすぎるとあるとき突然冷めてしまうことがあります。

熱しやすいことは悪いことではありませんが、熱い状態があまり続くとエンジンがオーバーヒートするんですね。

だから「冷めないように程よい距離をとる」ということも大事なんです。

 

英語の勉強にフォーカスし過ぎて、海外ドラマを見ること自体が「勉強していない自分」のリマインドになってしまったら、好きだったドラマを見ることすらできなくなってしまうかもしれません。

それは本当にもったいないし、本末転倒ですよね。

 

ですから実のところ「これだけでいいの?」と思うぐらいがちょうどいいのです。

 

語学の習得には反復が不可欠。だから継続が必須です。

逆にいえば一夜にして英語がペラペラ!なんてことは絶対にないわけですから、焦りは禁物です。

 

小さくコツコツ積み上げつづけていけば、ある日振り返ったとき自分に大きな財産があることに必ず気づきます。

英語学習は「物足りないな」ぐらいにとどめておく心がけておくのがベストと心得ましょう。

 

学習の効果は確かめすぎないよう心がけ、楽しむことに重点を置く。「はやく続きが見たい」と思える感覚が大切。

1回のエピソードに対する英語学習量が多すぎる。

英語学習を詰め込みすぎているパターン。

1つのエピソードに対してどれぐらい英語学習に活用していくかは「自分にとってちょうどいい量」を見極めるようトライ&エラーしてみてください。

 

先ほどの「1つのエピソードで5つの単語や表現をメモする」というものも、実際には1つでも構いません。ゼロでも構いません。

あくまで例としてお伝えしただけのことです。

さらには、メモはしなくても調べて「へぇ」と思うだけでも構いません。

 

個人的な感覚ですが、このように気になったものをメモしたり調べたりするのは、1エピソードが30分なら3個ぐらい、45分なら5個ぐらいがマックスだと思います。

それ以上増やすとドラマを見ているより英語を勉強している感覚が大きくなってしまうように思います。

 

それから、毎エピソード学習らしいことをする必要もありません。

人によってあまりコツコツやるのが向かない人もいますよね(自分のことですが)。

そういう人は3回に1回ぐらいガッツリ勉強すると決めてもいいわけです。

 

私がオススメしているグレイズ・アナトミーのように最初と最後にわかりやすいナレーションがあれば「そこだけ字幕を切る」としてみるのもいいと思います。

グレイズ・アナトミーのナレーションを使った学習方法については詳しくまとめた記事があります。

気になる方は、こちらも参照してみてください。

海外ドラマ Grey’s Anatomy(グレイズ・アナトミー)のナレーションが英語学習に最適な3つの理由とレベル別の勉強法。

 

そういうバリエーションを自分なりに色々と試して、自分にもっともぴったりくるペースで続けていきましょう。

 

あるいは、こういうやり方もあります。

あるドラマを見始めたときに、すでにそのドラマが何シーズンか放送されているとします。

そしたら、そのドラマのシチュエーションや登場人物の英語に慣れていない古いシーズンは、基本的には日本語字幕をつけて普通に楽しむ。そして本当に気が向いたときだけ、ちょっと学習する。

そのかわり、そのドラマに慣れてきた最新シーズンは思い切ってぜんぶ字幕なしで見てみる。

推測力が大幅に鍛えられるし、ちょっとしたチャレンジゲームのようで楽しいですよ。

 

とにかく大切なことは、海外ドラマを見るという楽しさを失うことなく英語学習も「楽しんで」やるということです。

 

何度も言いますが、これはやみくもに「楽しければいい」とお気楽なことを言っているのではありません。

 

言語の習得には反復が不可避ですから、長く続けられるやり方が結果として早道になるのです。

続けるためには楽しむこと、明確な目的をもつこと。そこのところをしっかり意識しておきましょう。

 

1エピソードあたりのチェックポイントは3〜5程度にとどめる。

学び方のポイントが大幅にズレている。

自分に合った学び方を選んだつもりで実は合っていないというパターン。

 

前項で「学び方は人それぞれ」と言いました。

ですがそうやって学習ポイントや学び方決めたつもりでも、それが自分に最適化されてないということは非常に多いです。

上の4つをチェックしてもまだシックリこないという方が対象になります。

 

人間は思い込む生き物です。

自分のことを分かっているようで、全然わかっていなかったなんてことは、よくあることです。

 

特に英語の勉強が初心者の方は、自分の英語に対する感覚もどんどん変わっていきます。

 

だからこそ、何度も何度もトライ&エラーしてみてほしいと思うのです。

一度決めたらそのやり方を頑なに守るなんていう必要はありません。

自分の感覚を研ぎ澄ませながら、どんどん進化していきましょう。

 

失敗を恐れることもありません。

「合わないな」と思ったやり方でも、やったぶんだけは身についているんです。

学習を継続するために、次のステップに進むだけと思ってください。

 

ずっとやり方が定まらなくても心配いりません。

「いつまでも自分に合うやり方がわからない」と思っていたら、実は「どんどんやり方を変えること」が自分に最適なやり方だったということもあります。

こういう人ほうが既存の枠にとらわれにくいので、いつの間にかどんどん実力が伸びていたりします。

 

それから、やり方だけでなく「自分が英語を学んで成し遂げたいこと」も改めて考えてみてください。

ビジネスで成功するために英語が学びたいのに、恋愛や家族愛などだけが描かれているドラマから英語を学んでいたら、いくら面白くてもモチベーションは上がりにくいことは想像できますよね。

 

自分が英語を学びたいのはなぜなのか?

英語を学んで、どうなりたいのか?

 

そういった軸から学習がズレてしまうと、いくら楽しめる海外ドラマを選んでも英語は身につかないかもしれません。

自分が向かう方向が合っているかどうか、そしてその方向にあった要素をドラマからすくって学習しているか?

定期的にチェックしましょう。

 

英語を勉強する目的をブラッシュアップしたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

Why English? なぜ英語を学びたい?勉強をはじめる前に考えてほしいこと。

 

やり方を変えていくときは、とにかく素直に、自分に正直に向き合いましょう。

 

「しんどいなぁ」「シックリこないなぁ」と思ったらちょっと変えてみるもよし。

「あれでもやっぱり前のほうが合ってたかも」と思ったら戻ってみるもよし。

 

「海外ドラマをもっと純粋に楽しみたい」と思ったら、やめてみるもよし。

「それでもやっぱり英語、ドラマに出てる人たちのように話せるようになりたいな」と思ったら、またやってみるもよし。

 

あなたの情熱が本物なら、英語から完全に気持ちが離れてしまうことは絶対にありません。

絶対に夢はかないますので、自分を信じて、自分に正直になって楽しく学習していきましょう。

 

自分がもっとも気持ちよく学習できるペースややり方をどんどん追求する。どんなやり方でもやったぶんだけプラス。

まとめ

海外ドラマが続かない理由と、その解決法についてご説明しました。

大切なポイントになりますので、もう一度おさらいしておきましょう。

海外ドラマでの英語学習が、達成したい夢や目的に合っていない。

テスト勉強には向かないです。そういう人は海外ドラマをサブ教材にしてみましょう。

 

学習に向いているという理由で、見たくもない海外ドラマや映画を見ている。(あるいはその逆)

向いているかどうかは、自分で見極めましょう。「楽しく見続けられるか」がポイントです。

逆に向いていない海外ドラマではないかも、チェックしましょう。

 

海外ドラマや映画を楽しむことを忘れ、学習効果ばかり気にしている。

結果や学習の進行具合を気にしすぎず「ドラマを楽しむこと」にフォーカスしましょう。

英語学習は、ちょっと物足りないぐらいがちょうどいいと心得ましょう。

 

1つのエピソードに対する英語学習量が多すぎる。

多いか少ないかの判断は、個人のモチベーションや学習時間などにもよりますが、30分で3個、45分では5個ぐらいを目安に、学習ポイントを作っていきましょう。

グレイズ・アナトミーのようにナレーションがあれば「ナレーションだけ学習に活用する」というのもオススメです。

「物足りないな」が「また次も頑張ろう」のモチベーションへとつながります。

 

学び方のポイントが大幅にズレている。

そのやり方、本当にあなたに合っていますか?無理していませんか?

そして、あなたの英語学習の目的に合っていますか?

正解は何もありません。

自分を信じてトライ&エラーを続ければ、必ず自分なりの道がみつかります。

自由になって、素直になって、楽しんで英語学習していきましょう。

 

関連記事

海外ドラマで英語を勉強するメリット・デメリットが知りたい方におすすめの記事はこちら。

海外ドラマで勉強して本当に英語力はアップするのか?メリットとデメリットを考察。

英会話が上達するコツは、思い込みを変えることです。

それって本当?思い込みを変えれば英会話は今すぐ上達する。

海外ドラマ SUITS(スーツ)で英語を勉強したい方へ。

海外ドラマ SUITS(スーツ)で英語を独学してカッコよく英会話しよう。

海外ドラマThe Good Wife(グッド・ワイフ)で英語を勉強したい方へ。

海外ドラマ The Good Wife(グッド・ワイフ)で英語を勉強してカッコよく大人力を磨く。

 

SKILLS&TIPSカテゴリの最新記事