海外ドラマで英語を独学するメリットとデメリット。

海外ドラマで英語を独学するメリットとデメリット。

海外ドラマを楽しみながら、

いつの間にか英語が分かるようになったり

話せるようになったら嬉しいですよね。

 

海外ドラマや映画をつかって

英語を勉強してみたいという方は

多いと思います。

 

私自身、

多くの海外ドラマを楽しく見て

英語の実力アップに

つなげることができました。

 

今日は、海外ドラマで

英語学習するメリットとデメリットを

お伝えします。

 

海外ドラマで英語を独学するメリット

楽しみながら学習できる

何よりのメリットは

ドラマのストーリーを楽しみながら

学習できる点です。

 

海外ドラマはジャンルも豊富で

非常にさまざまなストーリーを

楽しめますので、

飽きることなく続けられます。

 

よく、

「学習に向いているのドラマはどれ?」と

質問を受けますが、

私は「あなたが一番好きなドラマ」と

答えています。

 

シットコムの「フレンズ」など

分かりやすい英語が使われたドラマは

たしかに存在します。

 

それらのドラマを見て

「面白い!」と思った方は

ぜひ、そういう分かりやすいドラマを活用して

楽しみながら学習してください。

 

ですが、

洋楽学習でも申し上げたように

好き、面白い、と思う好みは人それぞれ

異なるものです。

 

どんなに良い教材でも

好みに合っていなければ

見続けるのが難しくなってしまいます。

 

だから、私は

見ていて心から「面白い!」と思えるものを

選ぶことをお勧めします。

 

もちろん、

あまりにセリフが少ないものは

学習になりにくいですし、

他にもいくつか、選ぶポイントは

知っておくといいかと思います。

 

それはまた、

別の記事でお伝えしますが、

とにかく、お気に入りの海外ドラマを

楽しみたいという心意気は、

とても大切です。

継続しやすい

海外ドラマの英語独学は

「なかなか続かないのでは?」と思っている方が

多いかもしれません。

 

誰もは一度は、

「これって英語の勉強になるかも!」と

字幕を消したり英語字幕にしてみるもんですよね。

 

そして、単語を調べようにも

分からないものだらけで、即座に挫折・・・。笑

 

私もその一人でした。

 

英語字幕の単語をみて

分からないものを調べているうちに

わずか5分ほどで挫折!

 

その後、しばらくは

日本語字幕で海外ドラマを楽しむことに

集中しました。

 

ですが、実際のところ、

ドラマの選び方や学習方法さえ間違わなければ

継続はとてもカンタンです。

 

なにせ、

気に入ったドラマを見続ければ

いいわけですから。

 

それに海外ドラマは

シーズンごとのエピソード数が15〜24と

日本のドラマより多いです。

 

加えて、

それが何シーズンも続いたり、

スピンオフしたりすることも

多いです。

 

※あっけないほど急に打ち切りになったりしますが!

 

ですから、

一度、好きなドラマを見つけられれば

英語学習も、楽しみながら

自動的に続いてしまうわけです。

 

定着しやすい

上に書いたように、海外ドラマは

各シーズンのエピソード数も多く

何シーズンも続いていくことが多いです。

 

ということは、

同じ人(役)の英語をたくさん聴くことが

できるわけです。

 

人の話し方にはその人独特のクセが

多かれ少なかれ存在します。

 

その人の音のトーンや

話し方のクセに慣れていくと

自然と英語は聴きやすくなります。

 

それに、同じドラマの中では

職場や学校など、同じシチュエーションの中で

ストーリーが展開されることが多いです。

 

同じシチュエーションが多いということは

同じ単語や英語表現を繰り返し聴くチャンスが

あるということです。

 

記憶には、短期と長期があり、

長期記憶として定着させるには

反復することが不可避です。

 

そう考えると、海外ドラマは、

英単語や英語表現を自ずと反復しながら

長期記憶に定着させることのできる

絶好の学習環境と言えます。

 

このような学習方法は、

幼児が第一言語を習得する過程にも

とてもよく似ています。

 

具体的な用例を見ながら学べる

海外ドラマは、

英語の「具体的な用例」の宝庫です。

 

問題集や参考書などの教材だけで

英語を学んでいると、

知識は増えても実際に使えない

ということが起きてきます。

 

「意味はわかるけど使い方が分からない」

という状況です。

 

もちろん、

レベルが低いうちは、

基礎的な知識をしっかりつけていくことも

とても大切です。

 

ですが、最終的には

使うことが目的のハズですから

使えないままでは困ってしまいますよね。

 

私も長い間、

こういった時期が続いていました。

 

TOEICスコアは700点前後ありましたが

「すごいね!」とか言われるたびに

「でも話せるワケじゃないんです」と

言い訳していました・・・。

 

なぜ、このような現象が起きるかというと、

それは自分の中に用例データが

蓄積していないからです。

 

どんな英語表現が、

どんなことを意味しているか知っても、

それを「いつ、どんな風に」使うか

知らなければ、使うことはできません。

 

例えば、留学したり、

日常的に英語を使うシチュエーションがあると、

こういった用例を蓄積できるのですね。

 

だから、留学することで

英語が話せるようになる人が多いのですが、

現代においては、同じような環境を

日本にいながらも作れるということです。

 

海外ドラマで英語を学ぶことは、

留学と同じように、

用例データを蓄積していく作業です。

 

ですから、

実際に同じような状況になったとき、

あ!今、アレを使える!ということが

分かるようになるのです。

 

実用的な単語や表現を学べる

ドラマの舞台がどんな所でも、

登場人物が「生活」をしているシーンが

多かれ少なかれあります。

 

また、登場人物が

特別な人生を送っているように見えても、

意外なところで自分との共通点を見出して、

そのドラマにのめり込んだりも

しますよね。

 

そういった海外ドラマで

英語を学んでいくということは

自ずと実用的な表現を身につけることに

なるのです。

 

例えば、私は音楽が大好きで、

憧れの海外アーティストと共演したいという

デッカイ野望を持っています。

 

なので、グリーやエンパイアなど

音楽にかかわるドラマを見るだけでも楽しいし、

そのうえ、レコーディングや曲づくり、

練習風景などのシーンから

音楽の英語表現まで知ることができてしまう、

という感じです。

 

海外ドラマで英語を独学するデメリット

効果が出るまでに一定の時間がかかる

ドラマを楽しみながら

マイペースに学んでいくのが

海外ドラマの英語学習です。

 

ですから、語彙力が

短期間で急激にアップ!というようなことは

ありません。

 

ですが、実はこれは

語学学習全般に言えることなんです。

 

もちろんTOEICなどの試験対策なら

短期間でスコアアップを図ることは可能です。

 

でも、本当に良質な英語を定着させるには

どんなやり方でも

一定の時間がかかってきます。

 

短期間で知識を詰め込んだとしても、

本当に安定して使えるようなるには、

その後、時間をかけて定着させていくことが

かならず必要になってきます。

 

海外ドラマでの英語学習は、

最初から少しずつゆっくりコツコツと

着実に蓄積していく作業です。

 

ですから、短期での効果は低くても

決して、遠回りということはないです。

 

ですが、効果の有無というのは

学習継続のモチベーションにもかかわります。

 

ですから、効果を実感しながら

学習を進めていきたいという方は、

他の学習と組み合わせることを

お勧めします。

 

かける時間に対しての効果が少ない

上述の「時間がかかる」ことを

逆から言っているだけですが。

かける時間に対して、

得られる効果は少ないです。

 

ドラマは1エピソード約46分です。

(シットコムを除く)

 

1日2エピソード見たら、

約1時間半になります。

 

計算上、もし、その時間を

すべて問題集を問く時間に当てれられれば

ドラマを見るより知識の習得は

早くなります。

 

ただし、ここに落とし穴があって

実際は、毎日1時間半の問題集というのは

なかなか続かないのです。

 

なぜなら、

問題集を解くというのは、

「英語学習をしよう」という目的以外には

あり得ないからです。

 

英語の学習は、

学習自体が目的になると、

どうしても辛くなってしまいます。

 

その点、海外ドラマを見ることは、

ストーリーを楽しむことができますので、

継続がカンタンです。

 

ですから、一見、

時間に対する効果は少ないですが、

定着率が良いことも考えると

長期的に見たら、

とても効率のいい学習法と言えると思います。

 

とは言っても、

繰り返しになりますが、

短期間でTOEICのスコアアップを狙う

なんていう時は、

他の学習との併用がお勧めです。

 

ドラマはあくまで

楽しむ+気になったら調べる、ぐらいにして、

コンスタントに楽しく見続けられるようにする。

 

そして、精神的に無理のない量で

テスト対策もやっていく。

 

そうすると、英語に触れられる時間も

一気に増やしていくことができます。

 

表現に偏りがある場合がある

医者や弁護士、刑事モノなど、

専門職のドラマでは専門用語が出てきます。

 

また、専門用語がなくても

同じドラマに出てくるシチュエーションや

登場人物は、ある程度、決まってきます。

 

そうすると、学べる単語や表現も

制限されてしまいます。

 

この点に関しては、

2点、考え方があります。

 

1つは、日本語においても、

誰しも知識や興味の偏りはあるということ。

 

ですから、

どんなドラマを見るか、よりも

その人自体の興味分野によって

得られる知識は変わってきます。

 

恋愛ごとに興味があれば、

刑事ドラマを見ていても、

けっきょくその中のわずかな恋愛表現が

頭に残ったりするのです。

 

 

そしてもう1点の考え方は、

英語表現の偏りが気になったら、

ぜひ色んなタイプ・ジャンルの海外ドラマを

見てみてください。

 

そうすることで、

だんだん色んなタイプの英語表現を

知ることができます。

 

シチュエーションだけでなく、

年齢層なんかも関係してきます。

 

ゴシップガールのような

10代の登場人物が中心ですと、

どうしても表現は少し幼くなります。

 

ですが友達同士に使える表現としては

様々な略語の使い方など

今どきの最先端が学べます。

 

またグッド・ワイフのように

大人の登場人物が多いと、

少しお固い表現が多くなります。

 

ですが、ビジネスシーンで使える表現や

きっちりとした大人の表現が学べます。

 

気に入ったドラマでないと続きにくい

これは最後にして最大のデメリット

と言えるかもしれません。

 

ドラマ自体が好きでなければ

絶対に続かないと思います。

 

ですから、

はなっからドラマが好きでない人や

気に入った海外ドラマが見つからない人には

この学習方法はお勧めしません。

 

 

海外ドラマを探す方法は

色々ありますので、また別途ご紹介

させていただきます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

海外ドラマでの学習は

楽しみながら長く続けられる

最高の学習方法です。

 

ですが、上記のように

デメリットもあります。

 

私の中では、

あまりデメリットとも感じないのですが

(なにせ楽しいのが一番なので)

気になる方は、あまり向いてないかもしれません。

 

それから、

初級レベルの方や

TOEICや英検のテスト対策をしたい方には

不向きです。

 

まずは基礎的な知識をつけたり

テストの対策にしっかり集中しましょう。

 

そして、

リスニングの量を増やしたいときや、

英語力をゆっくり着実にアップさせたいタイミングで

海外ドラマ学習を活用していきましょう。

 

さて、メリット・デメリットを知ったうえで

「ぜひやってみたい」と思った方へ。

 

近いうちに、

海外ドラマをつかった具体的な学習法や

海外ドラマの探し方を

お伝えしますね。