海外ドラマ「スーツ(Suits)」のメーガン・マークルがハリー英王子と婚約!

海外ドラマ「スーツ(Suits)」のメーガン・マークルがハリー英王子と婚約!

先日ご紹介した

海外ドラマ、スーツ(Suits)

メイン・キャストだったメーガン・マークルが

イギリスのハリー王子と婚約したことを

正式に発表しました!

 

前々からウワサはあったので、

遂に!という感じですが。

 

BBCがおこなった婚約後のインタビューを

ご紹介しますね。

 

海外ドラマ「スーツ」の話題も出てきますよ〜

 

 

めちゃくちゃラブラブなお二人。

 

あまり良くない言われ方をされたこともあったので

知ってた身としては、

本当によかったなぁという感じです。

 

本当に素敵なカップルです。

 

海外ドラマを見ていると、

こういった世界のニュースにも敏感になり

日常がどんどん英語学習の教材になっていきます^^

 

皆さんもぜひ、気になったフレーズを

メモしたりディクテーション(短めに)したりして

学習にも活用してみてくださいね。

 

英語だけではチンプンカンプンという方に、

日本語字幕つきもあります。

 

 

こちらを見たあとに、

余力があったら、字幕なしにも

チャレンジしてみてくださいね。

 

また、字幕を見ながらでも

聞こえた英語に気になるフレーズがあれば、

メモしたり調べたりしてみましょう!

 

ご要望ありましたら、

詳しい解説もしてみたいと思いますが、

本日はひとつだけ。35秒あたり。

 

He got on one knee!

 

これは必須フレーズですね。

 

片膝をつくことを

get on one knee と言います。

 

が、このアクション自体がプロポーズを

象徴しているので、

 

He got on one knee! だけでも

「プロポーズされたの!」という意味で

使えるフレーズです。

 

これは日本とは文化が違いますが

欧米では周知のことなので

覚えておくと良いです。

 

ただ、メーガンが改めて

こう言ったことからも、

比較的、形式ばったやり方で、

必ず片膝をつかなきゃダメという

ものではありません。

 

それでも、

やっぱりきっちり片膝をつくのが

誠意の現れというとり方が

大きいように思います。

 

ということでした!