思い込みを変えることで今すぐ英会話は上達する。

思い込みを変えることで今すぐ英会話は上達する。

英語で会話をすることに

漠然とした恐怖心がある人も

多いと思います。

 

それは、実はスキルの問題ではなく

ただ「英会話とはとてつもなく大変なこと」と

思い込んでいるだけだったりします。

 

この記事では、

そんな英会話への恐怖心をなくすために、

ただ考え方を変えるだけで

今すぐ会話力を向上させることができるポイント

お伝えします。

 

日本語でのシチュエーションを交えて

分かりやすくお伝えしていきますので、

ぜひ参考にしてください。

 

恐れを克服して

カッコよく英会話をマスターしましょう。

 

Welcome to CHIC ENGLISH.

 

分からなくても良い。

想像してみてください。

 

日本語で話しかけられたけど、

相手がすごく慌てていたり、

とんでもなく声が小さかったり

実は噛みまくって原型をとどめていなくて

何言ったのか聞き取れないことって

ありますよね。

 

そして、

言ってることが分からなかったら

「え?なんですか?」って聞き返しますよね。

 

英語も同じです。

 

日本人は、

英語を学習科目のひとつと捉えていることが多く

「間違えてはいけない」という概念を

強く持っていることがあります。

 

ですが、英語も、日本語と同じ

言語のひとつに過ぎません。

 

だから、聞き取れなかったら

Pardon?って聞き返してください

 

それでも聞き取れなかったら

何度でもPardon?って聞き返してください。

 

黙るのではなく、

きっちり意思表示することが大切です。

 

そしたら相手だって

「今言ったことが理解できなかった」と認識できて、

諦めるなり簡単な言い方するなり

してくれるハズです。

 

「間違っていたらどうしよう」

「答えられなかったらどうしよう」

といった恐怖心が出てくることは

誰にでもあります。

 

ですが、あなたは今、

誰かと会話をしている最中なのだということを

忘れないでください。

 

英会話が必要な現場は、試験会場ではありません。

 

相手はあなたと

コミュニケーション=意思の疎通がしたくて

お話しているハズです。

 

大切なのは「ちゃんと会話をする」ことです。

 

文法や単語が適切かどうかではありあせん。

 

相手の目を見て、人として会話をし、

意思を疎通させるということです。

 

そうやって考えていけば、

「分からなければ聞き返す」ということは

ごく当然だということがわかりますよね。

 

そういった意識を強く持っておけば

恐怖心も小さくなり、

一気に会話がしやすくなります。

 

変な警戒心がなくなると

相手もリラックスして話してくれるので、

会話がとても円滑になりますよ。

 

一語一句にこだわらなくて良い。

日本語で普通に会話しているとき、

周囲の雑音が邪魔をして

ピンポイントで聞こえないってこと

ありますよね?

 

または、誰かが話しているのを

ウンウン聞いていたけれど、

終わってそれを全部復唱しろと言われたら、

できると言い切れますか?

 

この質問を聞いて

ハッと気づいてくだされば幸いです。

 

言語はあくまでツールです。

意味が分かり、伝わればいいのです。

 

一言一句、

ぜんぶ聞き取れたかどうかを気にするより

「意味がわかったか」を軸にしたほうが

成長は早まります。

 

私自身、実際に会話しているときは、

この人が何を言おうとしているか、

私が言ったことがちゃんと伝わっているか?

それしか考えません。

 

実際のところ、

文章として何と言ったの?と言われて

分からないことも多々あります。

 

ただし、どういうことを訴えていて

何を伝えようとしているのかは、

だいたいわかった。

 

そんな感じでもいいのです。

 

会話ってそういうものですよね?

意思疎通することが目的ですから。

 

ただし、これまた日本語と同じで

仕事なら、確実に内容を理解していないと

あとでトラブルになったりします。

 

ですから、だいたい分かったら、

そこから逆に「こういうことですか?」と

こちらが再度、内容を確認したりする

ステップが必要なこともあります。

 

 

推測できれば良い。

前項の続きになりますが、

一言一句すべてが理解できないとき、

推測力が重要になってきます

 

先ほどの例で、

雑音に邪魔をされて

ピンポイントで聞き取れなかった

フレーズがあったとします。

 

日本語だったら

前後の会話から

「たぶんこう言ったのだろう」と

推測したりしませんか?

 

つまり、

日本語を聴いたり話したりしているときも

いつも一語一句を聴き取って

くまなく理解しているわけではなく

既存の知識から

あれこれと推測しながら

聴いたり話したりしているのです。

 

ですから、

推測力も大切な語学力ということに

なってきます。

 

英語も、

むやみにすべての単語を調べるのではなく、

前後から意味を推測する習慣をつけましょう。

 

ただし、答え合わせは必要です

 

慣れてくれば、

単語の意味さえ取れれば

合っていたかどうかも

確信できるようになりますが、

最初はできるだけ

スクリプトのある教材で

鍛えられるのが良いかもしれませんね。

 

文章じゃなくて良い

ここにきて

基本の基本という感じですが。

 

 

 

正しい文章や文法にとらわれると、

途中で言い直したり、止まったり

してしまうことがあります。

 

これは不思議なことに

学校英語をちゃんとやってきた人ほど

起こりやすい現象です。

 

つまり、間違えることに

敏感になっているということです。

 

ですが、実際は

そんなことを気にする必要は

まったくありません。

 

まずは単語でも良いから、

とにかく伝えましょう。

 

日本語と英語は語順が違いますから

慣れるまでは、文章を作るのに

時間がかかります。

 

それから、別途お伝えしますが

リスニング量が足りていなければ、

小慣れた文章が口をついて出ることは

まずないと思ってください。

 

ですから、

いずれにしても慣れないうちは、

とにかく、単語でもいいから

口に出して伝えることです。

 

正しい文章を探して

流れを切ってしまうぐらいなら、

パッと単語を一つ言えたほうが

コミュニケーションは円滑になります。

 

ビジネスや公式の場で使う英語は

ちゃんとしてなければいけないと

思われがちです。

 

もちろん、それはあくまで理想であり、

目標とするところではあります。

 

ですが、それが出来ないからといって

怒られるわけではありません。

 

もちろん、わざとトボけたり、

舐めた態度をするのは

どこの世界でも許されないことなので、

それとこれとは別のことですが。

 

語順を考えて、

シドロモドロするぐらいなら、

自分のレベルをしっかり把握して

片言でも良いから、

誠意をもって意思疎通することに

注力しましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

どれも同じようなことですが、

3つの切り口からキーワードを作り

お伝えしたという感じになりました。

 

少しでも当てはまることがあったら、

ぜひ参考にしてみてください。

 

文中にも書きましたが、

日本人は英語を言語というよりも

「教科」として捉えているせいか、

間違えるとか完璧でないということに

とても敏感です。

 

だからいつも、

減点法で評価してしまうのです。

 

ですが、実際は

言語はコミュニケーションのツールです。

 

間違えた、合ってた、

そんなことは関係ないのです。

 

自分の言いたいことが伝わったかどうか、

相手の言いたいことを理解できたかどうか。

 

それこそが大切なのです。

 

本来の目的を見失わないためにも、

このように「できなくて良い」を認識して

意識を変えていきましょう。

 

そういった意識改革が

英語をより楽しく学んでいくことにも

繋がります。