March For Our Lives 命のための行進。

March For Our Lives 命のための行進。

2018年3月24日に

アメリカのワシントンDCを中心に

March For Our Lives 「命のための行進」が

行われました。

 

March For Our Lives  (Official)

 

これは、

未成年が「合法で」入手した銃で

乱射事件を起こしたことに端を発して、

選挙権のない子どもたち自らも一緒になって

銃のない社会を訴えるという

デモ運動です。

 

たくさんのセレブたちも

資金援助を表明したり、

SNSでキャンペーンを推進したりして

たいへん大きなムーヴメントと

なりました。

 

ワシントンのデモ行進といえば、

キング牧師が「I Have A Dream」スピーチをおこなった

黒人の公民権運動のものが有名ですが。

 

今回、そのキング牧師のお孫さんが

同じワシントンで、

おじいさんのスピーチをオマージュして

かわいらしいスピーチを行いました。

 

埋め込みがうまくいかなかったので

リンクしますね。

 

I have a dream that enough is enough  (BBC News)

 

ちょっとはにかむところが激カワ!笑

 

それでも、とても力強く平和を訴える姿に

心を打たれました。

 

“enough is enough” というのは、

もうたくさん、十分だ、ということ。

 

銃の事件が頻発するアメリカの現状に、

「もうやめようよ!」

という感じですね。

 

英語も簡単だし、短いし、

内容的にもアメリカの社会や文化が見える

とてもいい教材だと思います。

 

ぜひ、ディクテーションしたり

リピーティングしたりして、

活用してみてくださいね。

 

インスタ版はスクリプトつきなので

答え合わせにどうぞ。

 

こっちは埋め込み成功。

 

 

「身を護るための銃」

という前提があるとはいえ、

これだけ悲しい事件が頻繁に起きてくると

アメリカ人の考え方もどんどん

変わってきている感じがします。

 

私は日本人として、

銃や戦争のない社会を

心から推進しています。

 

日本はアメリカに迎合して

色々と駆け引きしたりアピールしたり

しなければならない時もありますが。

 

政治家の皆さまにおかれましては(やたら丁寧)

ぜひ、銃や軍隊がなくても

世界は平和になるのだということを

身をもって証明するんだという

強い意志をもって頂きたいです。

 

憲法9条は、

世界に誇れる法律だと

私は思います。

 

どんな事情があっても

それだけは曲げない国で

あり続けたいなという

切なる願いをもちつつ。

 

このデモ抗議を

心から応援している私です。