英語の独学における、文法の取り扱い。

英語の独学における、文法の取り扱い。

文法はとても大切です。

 

それは間違いないですが、

文法が分かっても、

英語ができるわけではありません。

 

だからといって、

文法が完璧になるまで

他の学習をしてはいけない

ということでもありません。

 

だけどやっぱり、

文法はとても大切なのです。

(ぐるぐるまわる)

 

そこらへんの考え方について

少しご説明したいと思います。

 

注意)

この記事には、

文法の学習法ではなく、

文法とは何か?という概念が

書かれています。

 

独学で英語と向き合うためには

こういった英語への考え方を

少しずつ変えていくことが

大切です。

 

具体的なノウハウでないので

つまらない理屈に思えるかもしれませんが

軽い気持ちでも構いませんので、

ぜひ読んでみてくださいね。

 

文法は、あくまで使い方の統計

文法というのは、

実践で使われている英語を

体系的にまとめて説明した

説明書です。

 

こんなときには

こんな使い方をします。

 

こんなとき、

こんな表現をします。

 

ただし、例外もあります。

 

こういったことを、

ことこまかに体系的にまとめたのが

文法というやつです。

 

ここで注意したいのは、

これらはあくまでも結果ということ。

 

「人々がどう使っているか?」

そういった「生の英語」が先に存在し、

それをまとめたものが文法、

ということです。

 

ですから、時代の流れにそって

変わっていくことだってあります。

 

日本語もそうですよね?

 

「ら抜き言葉」と言われる

「生きれない」「来れない」といった表現も

少なくとも話し言葉では

日常的になりつつあり、どこまでを

「間違い」として扱うかは

どんどん微妙になってきています。

 

とにかく、文法というのは

あくまでも結果であるということ。

 

日本人は、

英語をひとつの学習教科と捉えるため、

文法が合っているか合ってないか

ということに、ものすごく

執着があります。

 

もちろん、文法は大切です。

 

でも、

言語の最終目的は意思疎通です

 

 

感覚的でいいので、

これを間違えないように

していただきたいなと思います。

 

文法書で学ばなくても用法は身につく

何事もそうですが、

理論というのは、

たくさんの実践があると

ある程度は自然に身につきます。

 

その理由は上述のとおり、

ただ実践をパターン化して体系化して

まとめたものが文法だから、という

シンプルな方程式です。

 

だから実践がたくさんあると、

そういったパターンや体系を

身体に叩き込むことができるのです。

 

私のことでいうと、

海外ドラマや英語の動画を見まくるうちに

大量のデータが頭の中に蓄積され

「こういう表現は普通しない」とか

「ここにこれが来るのは不自然」という

感覚が鍛えられました。

 

例えば、三人称単数が主語なら

一般動詞にはSがつく。

 

こんなこと、とっくに知っていて

テストでは間違えたことはなかったけど

かつては、いざ話すとなると、

とっさにSが抜けたりしました。

 

ですが、

たくさんの生の英語を聴いていくうちに

Sがつかないと不自然という

感覚が身についていきました。

 

で、とっさに

「It make me…」と言ってしまっても

「ん?今のなんかヘン」と

思うようになってきます。

 

そしてそのうちに

「It/He/She makes me」がセットで身体にしみ込んで

自然とSがついた文章が

口をついて出てくるようになるのです。

 

※あくまで例なので誰もが知っているものを挙げました

 

ですから、文法は大切ですが、

それは文法に使われる用語や決まりを

すべて暗記しなければいけない

ということではありません。

 

最終的には

そういった規則をある程度知っていないと

うまく使えないということです。

 

しつこいですが、

結果としては同じことを言っていますが、

この順番は大切です。

 

そして、それらの規則を知るために、

莫大なリスニングで身体に慣らすもよし、

文法書から学ぶもよし。

 

実際のところは、

組み合わせてやっていくのが

一番、効率が良いと思います。

 

実践の環境は、

リアルな実践の現場でなくても

私のようにドラマや映画、動画などで

十分です。

 

また、「勉強してる」感が

あったほうがモチベーションが上がる方は

文法の問題集を1冊買って

それを解いていきましょう。

 

問題集を解くことも

実践の疑似体験になり、

定着を促進します。

 

中学で習う文法を基礎とする

 

ありきたりですが、ひとまずは

中学英語で習う範囲を基礎とするのが

良いと思います。

 

留学情報マガジンのブログ記事

中学英語について、

とっても簡潔にまとまっています。

 

ご一読いただき、

自分はどこはOK、どこが曖昧、を

確認してみてください。

 

まずは現在地の把握です。

 

ファーストステップとして

その文法の法則を「知っている」かどうか

 

全部知っていると思ったら、

ネクストステップは

「とっさに使える」かどうか

 

この2つの観点で、

苦手なところ、弱いところなどを

チェックしてみましょう。

 

不安な項目がたくさんあっても

あまり落ち込まないように!

 

わからないことが

たくさんあるというのは

伸びしろがそれだけあるということ。

 

成長の可能性を喜んでくださいね。

 

とにかくまず、自分が

どれぐらい理解しているのか

知ることが重要です。

 

そのうえで、

まだ知らないことが結構ある、と思ったら

文法書などで学びながら

実践の機会も設けていく。

 

知っているけど使えないなぁ、と思ったら

実践の機会を増やす。

 

そうやって少しずつ、

「この文法に従って使う」という頭から

「こうやって使うのが自然」という感覚に

落とし込んでいきましょう。

 

 

とにかく自分に合ったやり方がベスト

文法といえども、

決まった学習方法はありません。

 

最終的に、

ある程度のルールや法則いついて

暗記できている必要はありますが、

その方法はひとつではありません。

 

文法書で学び、問題集を解くことでも

実力アップや定着の促進は可能です。

 

海外ドラマや洋楽をつかって

今の文章の構造なんだ?となったら

たまに調べてみる。

 

あるいは大量インプットで

自然と法則を定着させる、などなど。

 

自分のレベルと好みに

合ったやり方で補強していきましょう。

 

文法に自信がないけど

どうやって、どこから学習すればいいか

分からない。

 

そんな方もいるかもしれません。

 

まずは、具体的なお悩みがあったら

どんどんご意見いただけると嬉しいです。

 

ご返信およびブログで取り上げて

一緒に解決していけたら嬉しく思います。

 

そして、

あまり堅苦しく考えず、

まずは自分が楽しいと思える

学習をしてるのもいいと思います。

 

英語に触れる機会が増えるだけで

色んなことが見えてきますから

むやみに心配する必要はありません。

 

とにかく今日は、

「文法って大事だけど、

文法ありきではないんだな」

ってことだけ

知ってもらえたら幸いです。

 

あるいは、

「さてどうやって文法を学ぼう?」

なんて考えすぎてしまうようなら、

自然にまかせて、

放置しておくのもいいと思います。

 

※TOEICスコアアップなどで急務の場合は別ですよ!

 

とにかく、しつこいようですが

楽しいのが一番です。

 

ただでさえ、

誰も管理してくれない

独学をしようとしているわけです。

 

楽しくなくて、

どうやったら続くんでしょう。

 

少なくとも私には

その方法が分かりません。。笑

 

すみません、だんだんテンションが

上がってきてしまいました。

 

そうは言っても、

どうにかして確実に文法力を上げたい

という方もいらっしゃると思うので。

 

近いうちに、

続編が書けますように、

応援よろしくお願いします。